デザートにもお酒にも!ミント

デザートにもお酒にも!ミント

こんにちは。

ミントはお好きですか??

ミントは本当に様々な場所で活躍するハーブです。アイスでチョコミント味なんてものがありますが皆さんはお好きですか?結構好みが分かれる味ですが、今年はそのチョコミントアイスがまたブームだなんて聞きました。

爽やかな風味と味がやはり暑い夏には人気ですね。

そんなミント、いろいろ使われ方が有るのでぜひそれを知って、普段の生活の中に取り入れてみましょう!

それではミントについて見ていきましょう!!

基礎情報

基礎情報

別名:薄荷(ハッカ)

学名:Mentha x piperita

科目:しそ科ハッカ属

原産地:アジア。ヨーロッパ

利用部位:葉、花穂

植物:日向か、半日陰で生育します。やや湿気のある環境を好みます。高さはおよそ30~50cmほどに成長します。

効能:抗アレルギー作用

 

特徴

料理

 ミントには様々な品種が存在します。共通している点はすっとした爽やかな香りです。ミントは交雑しやすいため多くの種が有るのです。その中でも代表的な品種はペパーミント、スペアミントなどです。飴であったりガムやアイスクリームなどの香り付けや飾りとして使用されます。またお酒やハーブティ-ばどドリンクにも使用されます。肉や魚料理、にも使用され臭み消しや清涼感を与えることができます。フレッシュな状態でも、乾燥した状態でもどちらでも使うことができます。

 具体的な料理では、地中海やアラブ諸国では魚介系の料理で乾燥ミントが使用されます。オレガノやシナモンと一緒にミートボールの料理に加えられます。キプロス島ではイースターチーズケーキに利用されます。またあまりイメージが湧かないと思いますが、トルコではキュリとヨーグルトのサラダにミントに散らすことがあります。これにより風味が増幅するのです。少量mのオリーブオイルでミントを炒め、風味を強めることで料理の仕上げに混ぜ合わせる方法はトルコ料理やイラン料理でよく使用される方法です。

ミントを炒めるというのが個人的には結構驚きの方法でしたが、ぜひチャレンジしてみましょう!!

 おすすめの方法は氷を作るときにミントの葉を加えてきれいな氷を作ります。これでハーブティーを飲むと更に香りを楽しむことができます。また、この方法でモヒートを楽しむのもいいです。ぜひ試してください。

 

歴史

 名前の由来はギリシャ神話にでてくる美しい妖精ミンテ、に由来するとされています。その美しさから嫉妬の対象となり、物言わぬ草の姿に変えられてしまったとされています。この神話のミンテの化身とされている草をミントと読んでいます。

 

その他

 料理以外にも胃腸薬や鎮痛剤、風邪薬、歯磨き粉、タバコ、消臭剤、洗剤などと幅広く使用されています。

 

こちらから  https://apps.thebase.in/detail/20

未分類カテゴリの最新記事