ほんのり甘いハーブ、チャービル

ほんのり甘いハーブ、チャービル

こんにちは。

今回はチャービルというハーブについてまとめたいと思います。

チャービルはほのかの甘い香りがするデザートによく使用されるハーブです。

チャービルについて見ていきましょう!!!

特徴

別名:セルフィーユ、ウイキョウセリ、フレンチパセリ、

学名:Anthriscus cerefolium

科目:セリ科

原産地:ヨーロッパ、ロシア南部から西アジア

利用部位:葉、花、茎、根

植物:半日陰で水はけが良い場所を好みます。また少し湿り気のある場所も好みます。高さはおよそ30~60cmほどにまで成長します。

効能:解毒作用、消化促進、血行促進

 

特徴

料理

 マイルドでほのかに甘い香りをもつことが特徴です。料理にはサラダやスープ、肉・魚料理、デザートなど幅広く使用されてます。刻んで料理の風味付けに使用されています。他のハーブと同様に加熱しすぎると香りが飛んでしますので注意が必要です。生のままドレッシングやソースに使用することがおすすめの方法です。料理の仕上げの段階で使用することが一般的です。

 フランスの方では特に人気のハーブで美食家のパセリなどとしてよく使用されています。また、ミックススパイスのフィーヌゼルブの在料理しても使用されています。

 最近ではハーブティーでよく使用されるようになり、日本でもよく見かけるようになりました。

 

他に似ているハーブは??

チャービルに似ているハーブにパセリと香菜があります。これの共通項目はいずれもセリ科に属するということです。セリ科のハーブの特徴は葉が非常に似ていて細裂しています。特にこの3つのハーブは大きさなどは異なりますが形が非常に似たような形をしています。違いはやはり香りになります。チャービルの香りはパセリに比べると刺激的な風味が強くありません。

 

デザートで大活躍のチャイブ

チャービルはデザートにも大変人気のハーブです。ケーキやゼリー、ムースなどの飾り付けに使用されています。食欲増進作用と消化を助ける作用があります。

 

フランス料理によく使用さえていますが、まだまだ日本では普段の生活のなかに落とし込む機会はそんなに多くないと思います。

しかし、ハーブティーなど、簡単な使い方から入るとまたチャービルの素晴らしさに気づくことができるかもしれません。

ぜひ試してみてください!!

 

こちらから  https://apps.thebase.in/detail/20

未分類カテゴリの最新記事