難しい??いやいや、誰でもできるミックススパイス

難しい??いやいや、誰でもできるミックススパイス

こんにちは。

いきなりですが、皆さんはスパイスをミックスしてオリジナルのブレンドスパイスを作ったことはありますか??

カレーをスパイスから作ったことのある人はブレンドしたことがあるかもしれませんね。

皆さんが思うミックススパイスとはなんですか?イメージは難しそうですか??

今回は、皆さんにミックススパイスとはなんぞや??という話をしていきたいと思います。

 

ミックススパイスは難しくない!!

サブタイトルの通り、ミックススパイスは少しも難しくありません。少し語弊もあるかもしれませんが真実です。

ミックスと呼ばれていることからも分かりますが、当然複数のスパイスをミックスしているものです。

スパイスは単体で使うよりも複数のスパイスをブレンドして使用するほうがはるかに良い香りと風味を料理に与えることができます。

ここに、スパイスの奥深さや楽しさが隠れています。なぜなら、その組み合わせは無限にかるからです。スパイスの種類もその配合の仕方も考えると考えられるパターンは無限にあるのです。

しかしながらむやみにスパイスを混ぜてもいいというわけでもありません。何十種類ものスパイスをブレンドする、、、なんてことをしても必ずしもおいしいブレンドができるとは限りません。むしろ風味が壊れてしまう可能性が高いです。

 ここに、一般の人がスパイスは難しいという印象をもたせる理由があると思います。

よくTV番組で食レポなど見ますがそこで「秘伝の~」とか「企業秘密の~」とか長い期間をかけてようやくだどりついた、門外不出の大層なものを使っているなんてふうに紹介されていますね。これを聞いてしまうとやっぱりブレンドって難しいじゃん!!て思うと思いますが安心してください。実は誰にでもできます。もしかしたら、すごい絶妙なブレンドで奇跡のようなブレンドがあるかもしれませんがそんなものは多分プロでも難しいのではないでしょうか。

 スパイスは結局好みが分かれるところも多いので、まずは気軽にスパイスをブレンドして見るところから始めてみましょう。そうしていくうちに少しずつブレンドのバランスを変えていくと自分の好みがわかってきます。

 

ブレンドするためのステップとは??

1.スパイスの特徴/個性を知ろう!!

 まずは各スパイスがどのような特等を持っているのかしっておきましょう。スパイスで大事なのはやはり香りです。スパイスのブレンドをする前に、それそれのスパイスがどのような香りを持っているのか、特徴個性を把握しましょう。

そのときに自分の好みは一体どんな香りなのか、ということをよく研究しましょう。その好きな香りをベースにすることで、自分好みのミックススパイスを見つけることができるでしょう。

 

2.品質を知ろう!!

 あまり普段スパイスの品質を気にすることはないと思いますが、スパイスにも実は品質によるグレードがあります。スーパーなどで売っているものから専門店で売っているものまで様々です。同じような値段帯でも、出しているメーカーなどでだいぶ変わってきます。

 ここで声を大にして言いたいのが必ずしも、高いスパイスが美味しいや安いスパイスがだめということではありません。それも含めて自分で好みのスパイスを探してみましょう!!

 

3.各スパイスの役割りを決めよう!!

使いたいスパイスがある程度決まったら、各スパイスの役割りについて考えてみましょう。

まずは基本のベースとなる香りを決め、それを補強するような香りを組み合わせて行きましょう。さらにそこに個性的な香りを散りばめることで彩りを添えることができます。

 

4.香りの調和を考えよう!!

 3のところと少しかぶりますが、役割りを決めたスパイスがバランスよくまとまっているのか考えましょう。うまく調和させるコツは、似たような香りを合わせることです。これにより相乗効果を狙うことができます。ある程度まとまりができたら反動効果を狙うのもいいでしょう。すなわち、少し異質な香りのものをあえて加えることでメインの香りを引き立てる方法です。

 

5.控えめに使ってみよう!!

ある程度形ができたらまずはスパイスを控えめに使ってみましょう。スパイスは「遠くで鳴る協会の鐘の音くらいがいい」とう表現を聞いたことがあります。いきなり多量に使用すると、スパイスが逆に料理のじゃまをして素材の味わいを壊してしまいます。 

 

ミックススパイスの代表を知ろう!!

 前述しましたが、スパイスはやはり複数をブレンドしたほうが香りが深まり、風味も豊かになり美味しいです。また自分の好みのブレンドができるように自由にブレンドすればいいと言いました。

 しかし実際には、「適当にやってもその適当がよくわからん!!」やとりあえず「やってみたけど全く想定したものにならなかった!!」なんてこともあると思います。

 そんな困っている人にはまず、世界に複数ある、ミックススパイスの代表を知ってもらうのが一番です。多くの国と地域で、長いあいだ使用され続けているブレンドですから間違いはないはずです。それこそ、レストランなどの秘伝の~よりもよっぽど歴史があります。私達はその出来上がった完璧なスパイスのブレンドを使えば良いのです。まずは真似るところから始めてみましょう!

 私の場合もいつもこの基本の組み合わせを少しいじることでオリジナルのミックススパイスを作っています。

 

早速、有名なミックススパイスを見て行きましょう!!

五香粉(ウーシャンフェン)

 五香粉は中国に代表されるミックススパイスです。その中身は

 山椒、クローブ、シナモン 

     +

 スターアニスフェンネルチンピの中から2つ

 の計5種類スパイスからできています。

このスパイスは独特の香りがあり、中国料理の風味付けに欠かすことができないスパイスです。肉や魚、野菜など幅広い材料に使用することができます。私達が簡単に実践できる方法としては餃子の具に混ぜたり、スープに一振りしてみること焼き鳥などに振って見るなどでしょうか。これだけでも、ひと味もふた味も違う料理になります。

 

エルブドプロバンス

南フランスを代表するミックスブレンドです。ハーブ数種類をブレンドしたものです。

ローズマリータイムオレガノなどの香りに特徴のあるハーブを組み合わせています。

一般的には乾燥したドライハーブを使用しますが、フレッシュハーブを束ねたものもあり、使用方法なども様々です。

なんといっても香りが特徴的なのでこれだけで簡単に料理に奥深い香りを与えることができます。

料理では肉や魚、野菜や卵料理など幅広く使用されています。シチューやスープなどの煮込み料理や香草焼きに使用されています。バーベキューなどでも役立ち、時間をかけて加熱調理するものが特に向いています。

 

ガラムマサラ

 インドを代表するミックススパイスです。普通は3~10種類のスパイスを配合します。

特に決まりはないですが主に使用されているのはブラックペッパ-、チリペッパー、カルダモン、クミン、シナモン、クローブ、ナツメグ、などです。

インドでは料理の仕上げに香りや辛みをつける目的で使われます。日本でも、料理を簡単にインド風にすることができるので重宝されています。カレーを始めとする多くお料理で使用されています。肉や魚、野菜の炒めもの、煮物や焼き物など下ごしらえなどに幅広く使用されます。

 

カレー粉

 日本でもカレー粉には20~30種類のスパイスが使用されています。カレーをスパイスから作る場合や、出来上がったカレーに仕上げとして振ることで香りを高める役割りがあります。カレー以外にも炒め物や揚げ物、煮物など幅広く使用されます。ざまざまな素材と相性が良いため普段の料理を少し変えたいなーというときにも大変役立ちます。

 

ガラムマサラと似ていますがその違いは

 ガラムマサラ=インド発祥

 カレー粉=イギリス発祥 

となっています。またカレー粉には色付けのためにターメリックが使用されていますがガラムマサラには使用されていないという特徴もあります。

 

 

まとめ

ミックススパイスについて見方が少し変わりましたか??

そうであったらとても嬉しいです。

ためらわずに、積極的に試してみてください。きっと、スパイスの奥深さにハマること間違いなしです。

失敗したくないという人、代表的なミックススパイスを真似ることから始めましょう!

きっとオリジナルスパイスを作りたくなるはずですよ。

自分好みのスパイスを見つける旅に出ましょう!!!

 

 

こちらから  https://apps.thebase.in/detail/20

未分類カテゴリの最新記事