インドカレーと日本カレーの違い

インドカレーと日本カレーの違い

こんにちは。

みなさんカレーはお好きですか?

カレーといえばインドが本場ですが、日本でもスーパーで売っているルーを使えば簡単にカレーができますね。

でも日本のカレーとインドのカレーは全くの別物ですよね。

私達日本人の多くは、日本の市販のルーを使ったカレーをカレーだと思っていますよね。

そしてインドのカレーもカレーと認識しています。

しかし、以前テレビで見たことがあるのですが、インド人が日本のカレーを食べたときに、

「美味しい!!これはなんて言う料理なのですか!??」

ということを言っていました。

これから分かるように、インドと日本のカレーは全くの別物ということが分かります。

一緒くたにカレーと一括りにしていますが、その作り方や、材料も異なります。

今回はそんなインドと日本のカレーの違いについてまとめていきたいと思います。

 

材料によるちがい


まずはルーの違いです。

インドのルーはサラサラのスープ状のルーが一般的です。

一方、日本のカレーはルーに具が沢山入っておりドロドロ(作り方によってはスープカレーのようにさらさらのものもありますが)したルーになっています。

その原因はルーに使われる材料によります。

インドのルーには基本的にスパイスとトマトやヨーグルト、玉ねぎなどを炒めて作ります。この際、レシピにもよりますがナッツ類を入れます。

そのためさらさらのカレーが出来上がります。

日本のルーにはとろみをつけるために小麦粉が使用されています。

これが大きな違いの1つです。

1つ日本の大手メーカーのカレーのルーの成分を見てみましょう。

食用油脂、小麦粉、砂糖、食塩、デンプン、カレーパウダー、脱脂大豆、チーズ加工品、ローストオニオンパウダー、はちみつ、粉乳小麦粉ルウ、ポークエキス。。。

みたいなものが多い順に入っています。2番めに来ていますね。

分かるように、小麦粉が主要成分として含まれています。

 

食べるものの違い


日本ではカレーはライスで食べることが一般的です。

一方インドカレーではナンで食べるイメージが強いですが、日本と同じくライスで食べることも多いです。

しかし日本と異なり使用する米の種類は異なります。

日本の米はジャポニカ米といい、ご存知の通り、粘り気のあるのが特徴です。

インドで食べられている米はインディカ米といい、パラパラとした細長い品種の米になります。

このインディカ米はその特徴から、水分が多い汁物料理などにあうとされています。

そのためインドのカレーはこのインディカ米によくあいます。

このお米の種類による違いがカレーのルーの違いを生んでいる要因の1つかもしれません。

 

いかがですか??

ざっくりとですが、日本とインドのカレーの違いをあげてみました。

インドのカレーも地域によって大きく異なるので一概に言えませんが、一般的な違いは上で述べたようなことになります。

私の最近のマイブーム的には断然インドカレーなんですが、不思議と日本のカレーを急に食べたくなることがあります。

やはり、同じカレーというジャンルの中ですが、その違いは小さくなさそうです。

それぞれのカレーの違いを理解することで、また新しい料理のアイデアが生まれそうですね!

 

こちらから  https://apps.thebase.in/detail/20

未分類カテゴリの最新記事