根拠に基づく健康スパイス~ターメリック偏~

根拠に基づく健康スパイス~ターメリック偏~

ターメリックははカレーでつかわれている、世界でもポピュラーなスパイスです。

多くの研究でターメリックについて研究がされ、私達の健康に貢献することが証明されています。

こんかいはそんなターメリックについて

10個の根拠に基づく効能を紹介したいと思います。

ターメリックの概要についてはこちらから

 

ターメリックに含まれる生理活性物質

ターメリックはカレーに鮮やかな黄色を与えるスパイスでカレーには欠かせないスパイスです。

インドでは1000年以上もの間このスパイスを食用、もしくは医療用のハーブとして使用してきました。

最近の研究では、ターメリックの何の成分がどのような効果があるのかということが研究されていきました。

ターメリックに含まれる成分をクルクミノイドど呼びます。

その中でも特に重要なのがクルクミです。

クルクミンはターメリックの中でも主に作用する生理活性化合物で抗炎症作用や、強い抗酸化作用も持っています。

しかし、クルクミンはターメリックの中にそれほど多くは存在していません。およそ重量の3%ほどしかないとないとされています。

多くの研究ではターメリックの摂取はクルクミンの抽出物を使用しています。その投与量は1g以上を1日に摂取するものが多いです。

この1gというのは、私達が普段生活する中で每日取り続けるのは大変です。

そのため、もしターメリックによる効果をフルに感じたいのであれば、クルクミンが含まれるサプリメントなども活用するのも1つの手です。

このときに注意してほしいのが、クルクミンと一緒にピペリンが入っているかどうかを確認してください。

このピペリンというのは、ブラックペッパーに含まれる成分です。

残念がながら、クルクミンは非常に吸収が悪いのです。しかしピペリンと一緒に摂取すると血流に達するクルクミンの量が2000%も高められるというのです。

 

クルクミンは自然の抗炎症物質

炎症と効くとあまりいいイメージがありませんが私達の体には非常に重要な役割りを果たしています。

この炎症は、外部から私達の体に侵入して生きた侵入者たちと戦うのを助け、ダメージの修復に一役買っています。

この炎症なしには、バクテリアのような病原体はあっという間に体を侵食し、死に至らしめるのです。

短期間に置ける炎症はとても重要ですが、これが慢性的に続いたり、意味もなく私達の体を傷付け始めたら問題です。

多くの研究者が低レベルの炎症が多くの慢性的な病気に対して重要な役割りをするのではと考えています。その中には、心臓病やメタボリックシンドローム、アルツハイマーなどが含まれます。

そのため、慢性的な炎症を抑えることが病気の予防や治療に重要であるとされています。

クルクミンは強い抗炎症作用を持ちます。

実際にその作用は抗炎症薬に匹敵するほどの効果があります。しかも副作用も起こりづらいのです。

そのメカニズムは少し難しいのですがNF-kBという物質が細胞内にいます。

この物質が細胞内の核に作用して遺伝子を炎症に関わるものに変えていしまいます。そのため炎症が誘発されてしまいます。このNF-kBをブロックするのがクルクミンというわけです。

炎症のメカニズムは非常に複雑ですが、クルクミンがこの炎症を抑えるという点で重要なのはぜひ知ってほしいと思います。

 

クルクミンによる抗酸化作用

酸化作用よるダメージは加齢や多くの病気によるメカニズムのうちの1つと考えられています。

この作用にはフリーラジカルという物質が関係しています。反応性がとても高い物質です。

フレーラジカルは重要な器官物質と作用する傾向があります。例えば脂肪酸たタンパク質、DNAなどです。

クルクミンは抗酸化作用によりフレーラジカルから体を守っています。

クルクミンは、2つの方法でフリーラジカル戦っています。

1つは直接的にフリーラジカルを抑えること。もう一つは、その際に体にもともと備わっている抗酸化作用を引き出すことにあります。

 

クルクミンによる神経栄養因子の増強作用

以前は神経はある年齢以降は分裂する能力がなくなったり、かけてしまうと考えられいました。

しかしながら、最近ではそれらが可能であることが分かりました。

神経は新しいコネクションを作ります。(脳の一部では例外ですが)

この過程の最も重要な因子は脳由来神経栄養因子といい成長ホルモンと同様なタイプになります。

クルクミンは脳由来神経栄養因子をたかめ脳の機能や脳の病気のリスクを下げます。

多くの脳の不調はこのホルモンの低下に関わっています。うつやアルツハイマーもこれに関わっています。

またこれらは記憶力の改善にも役立つとされています。

 

クルクミンは心臓病のリスクを下げる

心臓病は世界で最も多い死因のです。

何十年もの間、なぜこのようなことが起こるのか研究されてきました。

心臓病は信じられないほど複雑で多くの要因が関わりあっています。

クルクミンは心臓病の多くの過程でこの心臓病の抑制に関わります。

クルクミンの最も重要な役割りは血管内皮の機能亢進です。

血管内皮の不調は心臓病の主要な原因となります。血圧の調節ができなくなったり、血栓や他の様々な要因になります。

いくつかの研究でクルクミンが血管内皮の機能を改善するとされています。

ある研究では運動するのと同程度の効果があるとし、一方ではアトルバスタチンという脂質異常症の薬にと同様の効果があるともされています。

加えてすでに述べましたがクルクミンによる抗炎症作用と抗酸化作用は心臓病の予防にも重要な役割りを果たしています。

ある研究では、121人の心臓バイパス手術を行った患者を、4gのクルクミンを每日摂取するグループとプラセボをのませたグループにわけ、比較しました。結果、クルクミンを摂取したグループが65%も心臓病のリスクが下がったのです。

クルクミンによる抗がん作用

がんは非常に怖い病気です。日本でも大変多くの方がこの病気と戦っています。

がんとは細胞の無秩序な異常な増殖によるものです。

がんにも様々な種類があり、それぞれが様々な因子に影響されています。

いくつかのがん腫はクルクミンに影響されるとされています。

クルクミンはがん治療に有効なものとして研究されています。そしてがん細胞の増殖や成長に関して分子レベルで影響することがわかってきました。

研究ではクルクミンががん細胞の死と血管形成の抑制、がん細胞の増殖の抑制に関わることが示されました。

まだ多くの研究が動物実験のレベルですが、人間の体内でも同様なことが起こるのかも研究が進んでいます。

人間を対象として行われた研究もあります。

30日の間、大腸部分に癌性の病変をもつ男性44人に対して4gのクルクミンを每日摂取してもらいました。結果40%もその病変部を減少することができたというのです。

クルクミンは今後従来のがん治療と合わせて使われることでしょう。現在ではクルクミンにがんを抑制することができると断言するのは早すぎるかもしれませんが、今後研究が更に進み、その効果について更に検証されていくことでしょう。

クルクミンによるアルツハイマー予防

アルツハイマーは神経病変でも世界とても一般的な病気です。また認知症に繋がります。

現在は残念ながらアルツハイマー病に対する有効な治療法は確立されていません。

したがって、アルツハイマーは予防することがとても重要なポイントになっています。

アルツハイマーでは炎暑作用と酸化作用がその病態に関わるとされており、クルクミンは上記で述べたようにその両方に効果的です。

加えてアルツハイマーの病態にはアミロイド蛋白の蓄積も原因になるとされています。

研究でこのアミロイド蛋白の蓄積に対してクルクミンが作用すると示されました。

クルクミンが本当にアルツハイマーに対して改善桜花があるのかは未だに研究の余地があるので今後より多くの研究がされることが期待されます。

クルクミンによる関節炎作用

関節炎は多くの人が苦しんでいる疾患です。

関節炎には多くのタイプがありますが、多くが関節部分の炎症によるものです。

クルクミンを摂取することでこの炎症作用を抑制することができるのはすでに想像できると思います。

いくつかの研究でこれが証明されています。また、リウマチ患者に対して行われてた研究で、クルクミンが抗炎症薬よりの効果的だという結果を出したものもあります。

多くの研究で関節炎に対する、クルクミンの効果が注目されています。

さらにより多用な症状に対して効果が期待できるかにも注目が集まっています。

うつに効くクルクミン

クルクミンは鬱にも効果があるとされています。

ある研究では60人のうつ患者を3つのグループに分け圏空がされました。

1つ目のグループは抗うつ薬、2つ目のグループは1gのクルクミン、3番めはそれらの併用を行いました。

6週間後、クルクミンを摂取したグループは抗うつ薬を摂取したグループと似た改善効果の結果を得ることができました。

最も効果があったのは両方を併用したグループでした。

この結果より、研究規模は小さいですが、クルクミンが抗うつ薬と同程度の効果がある可能性が示されました。

またクルクミンには他に伝達物質であるセロトニンとドパミンを高める効果もあると示されいます。

これらからクルクミンには抗うつ作用があると考えられます。

 

どうでしたか??

ターメリックにふくまれるクルクミンは私達の健康にとても良い影響があることが分かりましたね。

科学的根拠に基づいたターメリックの効果についてまとめました。

今後更に研究が進みさらなる効能が示されるかもしれません。

しかし今回挙げた効能だけでも十分健康に効果が期待できます。

積極的に食事に取り入れてほしいです。

 

 

こちらから  https://apps.thebase.in/detail/20

未分類カテゴリの最新記事