根拠に基づく健康スパイス~ジンジャー偏~

根拠に基づく健康スパイス~ジンジャー偏~

ジンジャーは、地球上で最も健康的な(そして最も美味しい)スパイスの1つです。

私達の体と脳に大きな利益をもたらす栄養素と生物活性化合物がふくまれています。

今回は、科学的研究によって示されている生姜の11の健康上の利点についてまとめたいと思います。

ジンゲロールは強力な健康増進剤

ジンゲロールはショウガの中で重要な生理活性成分です。強力な抗炎症作用と抗酸化作用をもちます。(1

吐気に効果

ショウガは吐気に対して著効を示します。例えば、船酔いに対して古くから使用されている実績があります。処方せん医薬品と同じくらい効果があるというデータも複数あります。また術後やがんの化学療法の吐気、嘔吐などにも効果が有ると言われています。しかしながら、最も効果のあるのは妊娠での悪阻です。(2)

しょうがは安全とされていますが、食べ過ぎには注意しましょう。研究データはありませんが、ショウガの大量摂取で流産のリスクが上がると信じているひともいる(そういう説もあるということです)ので注意しましょう。

筋肉痛の緩和

運動が原因で生じる筋肉痛の緩和に効果があるとされています。ある調査では、上半身のトレーニングを行った集団が11日間每日2gのショウガを摂取した結果、筋肉痛を和らげたという結果があります。即効性はなく、少しずつ筋肉痛を和らげます。これは抗炎症作用に基づくものとされています。(3)

骨関節炎

骨関節炎は一般的な健康上の問題です。関節の障害は、関節炎や硬直につながってきます。ある試験では247人の膝の関節炎の患者にショウガの抽出物を摂取させた結果、関節炎の軽減と、治療の軽減が達成されました。(4)他の試験でも、シナモンやごま、マスティック(樹脂から取れる成分)と共に摂取することで関節炎と硬直を改善するという結果も出ています。

血糖値の改善

この分野での研究は比較的新しいです。糖尿病のリスク減少が期待されます。

2015年にされた研究では2型糖尿病の患者41名に每日2gのジンジャーパウダーを摂取してもらった結果、空腹時血糖12%低下させたとされています。(5)また血糖の長期指標であるHba1c(過去2.3ヶ月の血糖値を反映)を12週間以上で約10%低下させています。

 

慢性消化不良の改善

慢性的な消化不良は胃の上部における繰り返される痛みと不快感が特徴的です。胃がなかなか空にならないと、消化不良を起こしやすくなります。ショウガは、この胃の内容物の排泄を早めることにより消化不良の改善を図ります。(6)

月経痛の改善

月経痛、すなわち生理痛で悩んでいる女性は多いですね。伝統的なショウガの使いかたの1つに月経痛があります。医薬品であるメフェナム酸やイブプロフェンと同じくらい効果があるという意見もあります。(7)

コレステロールレベルの低下

LDL値の高値は心臓病のリスクになります。高コレステロールの患者85人に対して45日間3グラムのジンジャーパウダーを摂取してもらったところ多くのコレステロール値を低下させたという結果がでています。(8)甲状腺機能低下症のラットに対する研究では、LDL値を医薬品のアトルバスタチンと同程度に下げたというデータもあります(9)

抗がん作用

しょうがの抽出物は複数のがん腫の代替治療として研究されています。この抗癌作用は6-ギンゲロールという成分が関与し生生姜のに多く含まれる成分です。

30人の患者に対して行った研究では每日2グラムのショウガの抽出物を摂取することで結腸における前炎症性シグナル分子を減少させたという結果がでています。(10)しかしながら追加の研究では重症な結腸がんに対しては同様の結果は得られていません。また、他のがん腫でも同様な結果が得られるかはわかっていません。今後のさらなる研究に期待しましょう。

 

脳機能の改善とアルツハイマー病予防

酸化ストレスと慢性的な炎症は老化を加速させます。これらは、アルツハイマーや加齢に伴う認知機能の低下に関わります。ショウガの成分が脳内で起こる炎症を抑pえこれらの症状を抑制します。ショウガの摂取により反応時間と記憶能力の改善が見られたという試験結果がでています。(11)

感染症

感染症に対しても効果を発揮します。多くの細菌の増殖の抑制に働きます。(12)

 

どうでしたか??

ジンジャーは普段の食事から摂取しやすい材料だと思います。

こんなにも多くの利点があると分かれば積極的に摂取したいですね!!

 

こちらから  https://apps.thebase.in/detail/20

スパイスカテゴリの最新記事