ラー油は自分で作ろう

ラー油は自分で作ろう

今回は、ラー油を自分で作ってみようという話です。

少し前に食べる辣油とか流行りましたが、自分で、好みのラー油を作って料理の幅を広げましょう。

 

油を使う料理を作るときのポイントは香りと味です。

この味と香りを重ねていくというのが重要なのです。

例えばわかり射やすく説明するために麻婆豆腐を例にしましょう。

 

麻婆豆腐に使われる材料を見てみましょう。

油、ラー油・・・油の香り

ひき肉、豆腐・・・具の味

甜麺醤、豆板醤、豆鼓醤・・・発酵調味料の味、香り

酒、醤油、塩・・・調味料のあじ

唐辛子、山椒・・・スパイスの香り

スープ・・・

 

といった具合です。

 

作り方の順序に関しては今回は省略しますが、味と香りを重ねてい作っていく料理ということが何となく分かるはずです。

では、具体的に、麻婆豆腐で使うラー油について作り方を見てみましょう・

 

ラー油の作り方

 粉唐辛子を高温に熱したネギ油に注いで混ぜ合わせます。

 

これだけです。とてもシンプルです。

 

ネギ油を自分で簡単に作れちゃいます。

ネギ油の作り方

油でにんにくと、生姜、ネギをこんがりと炒めてこすだけです。

ねぎは頭の部分の青いところを使ってもらうだけでも大丈夫です。

そんなに時間がかからず、油にネギの香りが移ります。

 

とても簡単なのでネギ油→ラー油の順で作ってみてください。

 

さて話を一度食べるラー油に移します。

食べるラー油は簡単に言うと

味のするラー油です。

ラー油は油に香りと辛味をうつしたものです。

なので味がする??という感じですが、そこに塩や砂糖などの調味料を加えて味わいと足すと、食べるラー油が出来上がるのです。

そのため、ラー油をご飯にかけるだけで美味しい!というふうになるのです。

 

それでは食べるラー油のレシピを一つ紹介してみたいと思います。

材料

植物油

ネギ

生姜

干しエビ

コンブ茶

赤味噌

豆板醤

粉唐辛子

砂糖

ごま油

トッピング用としてフライドオニオンやガーリックがあるとなおよしです

 

作り方

1.赤味噌、昆布茶、豆板醤、粉唐辛子、砂糖、塩を混ぜ合わせる

2.鍋に植物油、ネギ、生姜を入れて加熱。焦げ目がつくまで揚げ、油をこして鍋に戻します。

3.干しエビを加えます。さっと揚げて日を止め2の油と合わせます。

4.トッピング用の材料と合わせて完成になります。

 

サラダ油でもいいとは思いますが、酸化しやすいのであまりおすすめしていません。

 

複雑な手順ではないので、チャレンジしてみる価値アリです。

調味料のバランスや他の材料を加えてオリジナルのラー油を作ってみてください。

 

 

 

こちらから  https://apps.thebase.in/detail/20

スパイスカテゴリの最新記事