認知症に伴う周辺症状でお悩みにおすすめの漢方

認知症に伴う周辺症状でお悩みにおすすめの漢方

今回は

  認知症に伴う周辺症状におすすめの漢方

を紹介します。

 

まずは認知症に伴う周辺症状について説明します。

 

認知症のBPSDとは

 まず、BPSDという言葉を紹介しておきます。

BPSDとは夜せん妄や徘徊、興奮、暴力、不潔行為などの行動や心理状態のことを指します。

認知症の介護であったり対応を困難にしているのはだいたいBPSDです。

BPSDを改善すれば介護者の負担は大いに軽減されます。

BPSD改善効果が証明されている漢方に抑肝散というものがあります。

 

このBPSDの改善のために今抑肝散を始めとする漢方が注目を浴びています。

それでは具体的に紹介したいと思います。

 

抑肝散

PSDを始めとす認知症に伴う行動や心理症状を改善する効果が証明されています。

今では認知症のケアには欠かせないと言っては過言ではない漢方薬になっています。

 

釣藤散

血圧の高い高齢者の頭痛や目眩にも使用されます。

認知症のBPSDの改善にも使用されます

 

牛車腎気丸

 前立腺肥大や頻尿などの泌尿器系から目のかすみや皮膚のかゆみなどのお年寄りの全身症状の幅広く使える漢方薬です。

 

高齢者が増える日本では認知症の問題は切ってもk理話せない問題です。

介護する側もされる側も負担にならないように漢方を使用することで症状を軽減するというのも見込めると思います。

ぜひ試してほしい漢方薬です。

こちらから  https://apps.thebase.in/detail/20

漢方カテゴリの最新記事