ACCORD試験 薬剤師ならこれくらい知っておこう

ACCORD試験 薬剤師ならこれくらい知っておこう

こんにちは。

今回は、糖尿病の治療をする上で重要な血糖コントロールについての論文

ACCORD試験

について紹介したいと思います。

 

ACCORD試験は

Action to Control Cardiovascular Risk in Diabetes Study Group 

の略です。

 

どのような試験かというと心血管疾患の高リスクの糖尿病患者(10251例)で,強化療法群と通常療法群に割付け,心血管疾患の発症をみた試験です。

試験デザインは無作為割付でintention-to-treat解析。

試験期間は平均3.5年。

対象患者は10251例で高リスクの2型糖尿病患者です。HbA1cの中央値は8.1%

平均年齢は62.2±6.8%。女性が38%。心血管イベントの既往がある人は35%です。

強化療法群の目標HbA1c値は<6.0%,標準治療群では7.5%です。

 

強化療法群では,生活習慣の改善に加え2つの血糖降下薬を使用し,必要に応じ頻回のインスリン注射を追加し,血糖自己測定も3~8回/日行っていました。

HbA1c値は強化療法群で6.4%に低下しました。

ちなみに通常療法群は7.5%です。

血糖値のコントロールだけ見ると強化療法群のほうが優れています。

ところが,平均3.5年後の全死亡は通常療法群の203件(3.96%,1.14%/年)に比べ,強化治療群は257件(5.01%,1.41%/年)となり,そのハザード比は1.22と有意に高く,心血管死のハザード比も1.35と有意に高かったのです。

また介助を要するような低血糖の発生体重増加>10kgも強化療法群で有意に多かったのです。

いずれもp<0.001です。

このため,研究は中止されています。

 

これからどのようなことがわかるかと言うと

高リスクの2型糖尿病患者において,HbA1c値を正常範囲に低下させる強化療法は,標準療法に比べて死亡率を上昇させたということです。

しかも心血管イベント低下効果は認められなかったということです。

なぜこのような結果になったかは現段階では明らかにされていません。

インスリンの使用例で死亡のハザード比がやや高かったですが、使用された他の薬剤や低血糖の頻度とも関連は明らかにされていません。

 

高リスク群の糖尿病患者では厳格な血糖コントロールが必要ではありますが、

急激な血糖降下が死亡率の上昇に寄与したという考え方ができます。

低血糖のリスクも考えると、現段階では、急激な血糖低下を招くような治療は推奨されません。

 

糖尿病患者における薬物治療をする際には、頭の片隅に入れておきたい論文の内容です。

 

 

 

こちらから  https://apps.thebase.in/detail/20

薬学カテゴリの最新記事