アムロジピン、ワソラン、ヘルベッサーの違い

アムロジピン、ワソラン、ヘルベッサーの違い

今回は同じCaブロッカーですが、その違いについて少しまとめたいと思います。

 

まずはかなりざっくりとですが

アムロジピン→高血圧

ワソラン(ベラパミル)→不整脈

ヘルベッサー(ジルチアゼム)→アムロジピンとベラパミルの中間

 

といった位置づけです。

作用機序的には同じCaブロッカーですが作用する場所が異なるため、別の薬として使用されます。

 

Caブロッカーの3つの系統

そもそもCaブロッカーとはCaチャネルを阻害する薬です。

血管や心臓が収縮するには筋肉の細胞にCaイオンの流入が必要です。

CaチャネルはこのCaイオンの流入に関わります。

 

Caブロッカーは主に

血管のCaブロッカーに作用するジヒドロピリジン系

心臓に作用するヘニルアルキルアミン系

血管、心臓ともに作用するベンゾジアゼピン系

に大別されます。

 

ジヒドロピリジン系は血圧を下げる作用が強力です。

ACE,ARBなどの降圧薬と同様に高血圧治療の第一選択薬です。

 

心臓に作用するフェニラルキルアミン系、すなわちワソラン(ベラパミル)は心臓における異常な興奮を抑えることで頻脈性の不整脈を抑える効果があります。

 

ベンゾジアゼピン系、ヘルベッサー(ジルチアゼム)はジヒドロピリジン系とフェニルアルキルアミン系の中間くらいの作用を持つため、頻脈傾向のある高血圧の方に使用されやすいです。

 

かなりざっくりですが大きな分類でのCaブロッカーの使いわけについてまとめました。

別の記事でジヒドロピリジン系の中での使い分けなどまとめたいと思います。

 

こちらから  https://apps.thebase.in/detail/20

薬学カテゴリの最新記事